2009年12月10日

ブレーキレバーは引くもの

 「ブレーキレバーは引く」ものだという話を聞きました。
 多くの人はブレーキレバーは「握る」ものだと考えていますが、実はそうではないようです。

 ブレーキを握ろうとするとグリップとレバーそれぞれに力が分散してしまうので、レバーには思った以上に力は伝わりません。

 逆に、引く操作だと心もとなく感じるかもしれませんが、引いた力はレバーだけにロスなく伝わるのでブレーキは強くかけられます。
 それだけでなく、強弱のコントロールだってつけやすいのです。

 ブレーキをかけるシーンを順を追って考えていきます。

 ブレーキにはまず遊びの部分があって、その次に減速Gでフロントフォークが沈み込む部分、最後にブレーキが効く部分の3段階に分かれています。
 実はブレーキが効果的に効くのは3段階のうちの最後の部分だけなのです。

 そこでブレーキの「2段ガケ」というテクニックがあるのです。

 ブレーキをガツンと一気に握りこむとフロントフォークが沈み込んでしまって、バイクは「前のめり」になってしまいます。

 この前のめりを回避して強い制動力を発揮するために、まずはレバーの遊びがなくなってレバーに引き応えが出てくるまで素早く一気に引き込みます。
 ここまでが1段目。

 次に、その位置からじんわりと力を入れて引き込む。
 すると、バイクが真下に沈むように安定したまま、強力に制動力を発揮するのです。これがブレーキの2段ガケです。

 ブレーキを「引く」操作と「2段ガケ」に最適なのが「2本指」での操作です。

 4本指で操作をしている人は多いのですが、4本指では小指までレバーが届いている状態なのでレバーの位置は非常に近いところにあります。
 つまり、つい握りやすい状態になってしまっているわけです。

 2本指では「ブレーキレバーは引く」のと同じように心もとないかもしれませんが、引く力は十分に強く、レバーをリリースするときのコントロールもしやすいのです。

 レバーの位置は指がやっとかかるくらいの位置に調整しなおすのがベストです。
 心もとないと思うかもしれませんが、指を滑り込ませるようにすることでブレーキレバーを引く操作が確実に行えるようになります。

 最初は慣れない操作に戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえばなんてことはありません。
 こちらの操作のほうが確実で強力なブレーキ操作を行えるのでオススメです。

 2本指でレバーを引き込みながら、2段ガケでジワっとかけるブレーキ操作をマスターしたいものです。



posted by nekopunch at 21:12| Comment(38) | TrackBack(0) | ライディング技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。