2009年08月16日

後輪加重

 トラクションをかけるのに慣れてくると、誰でもスロットルの開け方が大きく素早くなって来ます。
 後輪が路面を蹴る醍醐味をより大きく味わいたいという気持ちはわかりますが、あまり大きく開けすぎると後輪がトルクに負けはじめて、旋回の弧が膨らんでしまいます。
 スロットルを大きく開けても強く路面をとらえられる後輪荷重とはどういうものなのでしょうか。

 後輪にさらに体重をかけるといっても、難しい技術は必要ありません。
 まずスロットルを開けるタイミングで、腰のあたりを柔軟にするよう意識します。
 そして加速がはじまったとき、上半身で加速Gに耐えるのではなく、後ろのほうへもっていかれるままにすれば、うまく後輪に荷重できるはずです。

 ポイントは下半身をシート面でグリップし、おへそのあたりを引っ込める感じで加速Gに身をまかせること。
 腰で加速Gを柔軟に受けとめれば、しっかりとした荷重が可能になり、後輪が路面を強くグリップするきっかけをつくることができます。
 このとき背中は加速Gによって猫背になってきますが、あくまでも曲がる中心が腰の方にくるよう、体重を腰に載せることが重要です。

 このテクニックを実践するうえで陥りやすいのが、加速Gに耐えようとして前かがみになってしまう例です。
 前かがみの姿勢になると腰が浮いてしまうため、後輪にしっかりと体重をかけることができません。
 特に発進するときに自然と前かがみになるクセがついているライダーは要注意。
 加速するときに改めて自分の姿勢をチェックしてみることが大切です。

 スロットルを開けるタイミングにシンクロさせて身体を後輪にさらに預けるテクニックは、慣れてくるとスロットルが開いていく間にも預け方の強弱をコントロールできるようになります。
 その域に達すると驚くほど後輪のグリップが高まるのがわかるようになるはずです。 
posted by nekopunch at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ライディング技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125842607

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。