2009年09月09日

デュアル クラッチ トランスミッション

 本田技研工業は、世界初のバイク用「デュアル クラッチ トランスミッション(DCT)」を開発したと発表しました。
 簡単な操作でスポーツライディングが楽しめ、さらに伝達効率が優れた機構によって、燃費性能も従来のマニュアルトランスミッションと同等以上の性能を実現しています。
 2010年に欧州と北米、日本で発売予定の大型スポーツモデル、新型「VFR」に採用を予定しています。

 今回開発したバイク用DCTは軽量でコンパクトなため、既存のエンジンレイアウトを大きく変更せずに搭載できます。
 スクーターなどに使われているベルト式CVT(無段変速機)に比べ、変速時間が短くパワーロスも少ないとのこと。
 バイクに求められる繊細なアクセル操作に対応するために、電子制御技術を駆使して違和感のないスムーズな発進と変速特性を実現しています。

 それから、ライダーの要求に幅広く対応するため、一般走行用の「Dモード」と、スポーツ走行用の「Sモード」の、2種類のフルオートモードと、マニュアルトランスミッション感覚の走行を可能にする「6速マニュアルモード」を備えています。
 今後は二輪の大型機種に順次採用を検討するなど、特に先進国でのスポーツモデルへの適用拡大を予定しています。

 VFRは白バイにも採用されたバイク。
 以外にコンパクトな車体は、とても扱いやすそうでした。
 スポーツ走行用の「Sモード」はどんな走りができるのか楽しみです。
 バイクはどんどん使いやすくなるようですが、ジムカナーに使えるようなバイクはそれに伴って減っていくような気が…

honnda01_px450.jpg

VFR03_px250.jpg
 
【関連する記事】
posted by nekopunch at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 二輪雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。