2007年02月16日

KSR




KSR−2

KSR−1

KSR110



 小さなKSRは入門クラスばかりか、シードクラスでもビックバイクを抑える戦闘力を持っています。
 ミニバイクならではの軽さからくる扱いやすさと、テクニックを駆使すれば応えてくれる潜在ポテンシャルの高さがその理由です。

 北海道でも上位クラスにエントリーしている選手がいます。小さなKSRがビックバイクを抑えて入賞したときの優越感はきっと素晴らしいのだと思います。

 特に、北海道の大会では小回りなどのテクニカルなコースが多いため、KSRの特性を十分に生かした走りをすることができます。また、持ち運びがしやすいのも利点の一つです。

 エントリーは、現行のKSR110ではなく、瞬発力と吹け上がりの速い水冷2ストのKSRUが多数派です。



カワサキKSRファイル

カワサキKSRファイル〈2〉
posted by nekopunch at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) |  ・KAWASAKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33802215

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。