2007年04月10日

XJR1300('07)





ここから「XJR1300」が探せます。



XJR1300('07)インプレッション

 94年に1200でスタートしたXJRは、史上もっとも大規模な改良を受けて第4世代に進化した。
 右1本出し集合マフラーや最上級使用のオーリンズ製リヤショックが象徴するようにスポーツのテイストを強め、最高のキレ味を備えている。

○ハンドリング
 新型XJRはベテランライダーでなくてもキビキビとしたスポーツ感を味わえるセットアップに変えられた。
 車体を左右に倒し込めばレスポンスよく反応するロール主体の味付けである。
 しかし、前後サスペンションのセットアップ次第で、かつてのような奥深い旋回性を引き出すこともできる。
 ライダーの好みに応じて自在にその特性を変えられる。

○エンジン
 空冷のまま平成19年排出ガス規制に対応したエンジンは、極低速域のまったり感こそ薄まったが、発進に困ることはない。
 2,500〜3,000rpmに少しザラザラとした振動がでるものの、4,000rpm手前で力強さを増してからはきれいに吹け上がる。
 さらにスロットルを開け続けると7,000rpm手前から一段と鋭さを増す。

○ブレーキ
 従来型と共通で、タッチも利きも特に不満はない。
 ABS使用はないものの、コントロール性が高いため、パニックに陥る可能性は低い。

○ポジション
 従来比でハンドルグリップ位置を12.3mm前方、4.5mm下方へ移動。
 シート高が20mm上げられたシートは、前方がスリムでカドの取れた形状となった。
 これらの相乗効果で、以前のドッカリ座りこむ印象から、スポーティーかつ自由度の高い雰囲気に変化した。
 身長170cmで両足の約半分が接地し、不安はない。


■主要緒元
 全長×全幅×全高 2,175×765×1,115mm
 ホイールバース 1,500mm
 キャスタ/トレール 25.5°/100mm
 シート高 795mm
 乾燥重量 222kg
 エンジン形式 空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
 総排気量 1,250cc
 ボア×ストローク 79×63.8mm
 圧縮比 9.7:1
 最高出力 100ps/8,000rpm
 最大トルク 11.0kg−m/6,000rpm
 タンク容量 21g
 変速機 5速リターン
 タイヤ前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

【関連する記事】
posted by nekopunch at 20:44| Comment(1) | TrackBack(0) |  ・YAMAHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃまします!
どうもですでーす^^

僕のサイトでこちらの記事ですが
紹介させて頂きました。
また遊びに来ますネ!

紹介記事・・・
http://earth2012.blog100.fc2.com/blog-entry-28.html
Posted by 「環境問題調査室」のJun at 2007年04月15日 10:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38466943

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。