2008年12月13日

CBR1000RR('04 国内)





ここから「CBR1000RR」が探せます。


CBR1000RR('04 国内)インプレッション

○概要
 '04ファイアーブレードは、センターアップマフラーやユニットプロリンクサスペンションなど、モトGPレーサーRC211Vのテクノロジーをフルに導入して生まれました。
 CBR600RRの延長線上にあるスタイリングは、ラムエアやテールカウルのエアインテークが大型化されているのが特徴となっています。
 残念ながらパワーは海外仕様の172馬力ではなく、94馬力にまでデチューンされましたが、世界初の電子制御スタリングダンパーHESDや、ホンダ初のラジアルマウントキャリパーなど、最先端の装備を登載しています。

○エンジン
 954RRに比べ全幅で17mmコンパクトになり、セミクローズドデッキシリンダーや鍛造アルミピストンを使用しています。
 国内仕様は94馬力ですが、フルパワーでは172馬力をマークします。
 エンジンはこのクラスのスーパースポーツの中ではトップクラスの扱いやすさです。
 微妙なスロットル操作にも確実に応答しますが、まったくガツガツした感じはありません。
 しかし、6,000rpmまではフルパワー車と同じですが、6500か7,000rpmあたりから上はフルパワーと比べてやや重く感じます。

○ハンドリング
 ハンドリングは、どんな状況やペースでも素直にライダーに従う優しい操作性です。
 しなやかに動く前後サスのおかげで、路面の荒れをものともせず、確実なスタビリティーをベースに、クセのないハンドリングと強力な旋回性をどこでも、どんなペースでも発揮できます。
 しっとりした感覚でスポーツすることができます。
 ただ、近年のスーパースポーツではあたり間になりつつありますが、ライディングにあたってはタンクに股間を押しつけるようにフロントよりの荷重でコントロールする必要があり、特にホンダのスーパースポーツシリーズはその傾向が強いようです。

○ポジション
 コンパクトですが自由度が高く、ホールド性もいいポジションです。
 シートに対してハンドルは低く、R1より前傾は強くなります。
 足着き性はカカトが浮き気味程度です。

○電子制御式ステアリングダンパー(HESD)
 HESDはステアリングヘッド上面に配置されています。
 低速走行時にはダンパー内のメインバルブが全開となり減衰特性を低減します。
 高速、加速時にはメインバルブを閉じることで、路面からの外乱や振動を効果的に低減させてくれるシステムです。

○ユニットプロリンク
 RC211V譲りの独立式リヤショックユニットです。
 車体全体にサスペンションの可動負荷がかからないため、フレームの剛性を最適化することが可能です。
 アルミリヤアームも589mmとロングタイプ化されています。

○フレーム
 モトGPレーサーRC211Vのコンセプト「マスの集中化」テーマに重力鋳造(GDC)によるダイヤモンドフレームが採用されています。
 タンク位置は低重心化を図るためにシート下にレイアウトされています。
 シートレールもCBR600RR同様に鋳造アルミタイプになっています。


■主要緒元
 全長×全幅×全高 2,025×720×1,120mm
 ホイールバース 1,410mm
 乾燥重量 181kg
 エンジン形式 空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
 総排気量 998cc
 最高出力 94ps/10,000rpm
 最大トルク 8.6kg−m/6,000rpm
 変速機 6速リターン
 タイヤ前・後 120/70ZR17・190/50ZR17
 ブレーキ前・後 油圧式Wディスク・油圧式ディスク
  
 

【nao】リアフェンダー
 飛び石、泥からリヤショックやライダーの足元をを守ります。
 ワイドなカウリング面と高いメンテナンス性を発揮する2ピース構造で、素材には最高の強度と美しい織り目が特徴の綾織カーボンを採用しています。
 チェーンケースも付属します。


ヤマモトレーシング;CBR1000RR (08):SPEC-A SLIP-ON
 SPEC-A SLIP-ONはJMCA認定品で、音量は94dB以下です。ただしバッフル装着時での認定取得ですので、バッフルを外した状態での一般公道の走行はできません。STD約6.0kgが約2.5kgになるなど軽量化も魅力です。適合は国内仕様のみです。
 また、STD約9.5kgが約4.3kgと大幅な軽量化がはかれるレース専用のフルエキゾーストTI 4-2-1 Type-1もあります。

posted by nekopunch at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) |  ・HONDA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。