2009年12月09日

YZF-R6('08)

 軽量な車体に、リッター換算200馬力オーバーの水冷4ストローク4バルブDOHC並列4気筒エンジンを搭載。シャープな運動性が魅力のミドルクラス・スーパースポーツ。

intro01_b.jpg
intro02_b.jpg


●インプレッション

 「ポテンシャルを使い切れるから面白い」。
 大排気量車と比較して中間排気量車を評価する場合の常套句です。
 しかしR6は、これが全てに当てはまるわけではないらしい。

 ご存知の方も多いと思いますが、R6はヤマハの海外向けモデルです。
 当然、仕向地に合わせた仕様となっていて、エンジンが国内向けにディチューンされているということもありません。
 近年ではリッター・スーパースポーツにややマイルドな国内仕様が増えているということもあって、うっかりすると油断してしまいそうですが、ホンの少し右手をあおっただけでも、ビンビンと12時方向まで跳ね上がるタコメーターの針が輸出モデルであることを「警告」しています。
 その高回転型エンジンらしいレスポンスの鋭さに気を遣いますが、クラッチミートすると何事もなかったかのように発進してしまいます。
 スムーズに走り出す様子から「意外と普通に乗れる」と感じてしまったほどです。

 しかし、その後に超刺激的な世界が待ち受けています。
 レッドゾーンが16,500回転から始まることを確認して、7,000回転程度まで右手を捻ると、ハイグリップなリアタイヤがガッチリと路面をつかみ、タコメーターの針が跳ね上がるのにシンクロしてデジタル表示のスピードが目にも止まらぬ速さで変化していきます。
 激しく点滅するシフトインジケーターに、思わず右手を緩めてしまうぐらいです。
 コーナーリングも実にシャープ。
 強烈にタイヤがグリップしている状況では倒しこみが重くなるマシンも存在するが、R6は違います。
 強力かつコントローラブルな前後ブレーキを軽く当てるなどして、きっかけさえ与えればパタンと車体が軽く倒れてくれます。
 特筆すべきはその後の安定感。
 エンジンが小型軽量化されている場合、車体の安定要因が少なくなり、コーナーリング中の落ち着きに欠けるケースも少なくないが、R6はそういう傾向とは無縁です。
 コーナーリング初期においても、右手を積極的に捻りたくなってしまいます。
 それほど車体は落ち着いており、前後のタイヤも強烈にグリップします。
 もちろん、そういうことはあり得ないのだが、「いくら開けても、絶対に転ばない」そう感じてしまうほど。

 「ミドルクラスはポテンシャルを使い切れるから面白い」という意見はよく聞きます。
 しかし、私はこの記事の中で「使い切った」という表現を使う立場にはありません。
 自分なりに相当頑張って走ってみたものの、R6には相当なマージンが残っていたと確信しているからです。(ナベ)


■エンジン型式:水冷4ストローク・4バルブDOHC並列4気筒
■総排気量:599cc
■ボア×ストローク:67.0mm×42.5mm
■最高出力:94.9kW/14,500r/min
■最大トルク:65.8N・m/11,000r/min
■トランスミッション:6速
■全長×全幅×全高: 2,040mm×705mm×1,100mm
■シート高:850mm
■ホイールベース:1,380mm
■乾燥重量:166kg
■タンク容量:17.3L
■タイヤサイズ:120/70ZR 17M/C 58W(フロント)
          180/55ZR 17M/C 73W(リア)




【PLOT SWAGE-LINE】スウェッジライン リアブレーキホース アルミ YZF-R6 08



  【ブレーキパーツ】ACパフォーマンスライン 車種別ボルトオン ブレーキホースキット:YZF-R6 08



★★送料無料★★【YZF−R6用】アクラポビッチスリップオンHEXAGONALチタンサイレンサー



EUROPEAN STYLE(ヨーロピアンスタイル)モトコシートカバー



  【YZF-R6】 【レバー】アクティブ:ACTIVE アジャスタブルビレットブレーキレバー



YZF-R6 '08AGRAS レーシングスライダー/左


【関連する記事】
posted by nekopunch at 21:29| Comment(10) | TrackBack(0) |  ・YAMAHA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。